読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life-Recipe

毎日の暮らしを便利に、健康に。


もち麦は効果なし? ダイエットで気をつけたいポイントとは?

もち麦ダイエットを実践している方の口コミで、あまり効果がない、効果が感じられないという声がありました。

もち麦や大麦はβ-グルカンなどの成分で健康効果の高い食材ですが、これをダイエットに利用するとき気をつけたいポイントがありましたので、今回ご紹介したいと思います。

f:id:miyabiryuryu:20160803080431j:plain

 

もち麦に関する情報のまとめと、もち麦ダイエットを成功させる、そのポイントをご紹介します。

 

 

 

 もち麦とは

お米には”うるち米”と”もち米”があるのはご存知ですよね? 麦にも同じようにサラリとした性質のものと、もちもちした性質のものがあるんです。つまり「もち麦」は麦の中でも”もち”のような特性を持つ種類です。

「もち麦」はデンプンのほとんどがアミロペクチンという成分で、炊いた時に粘性が高くなる性質があります。食物繊維、特に水溶性の食物繊維が米や小麦に比べて大変多く含まれています。もちもちとしていながらプチプチした食感が特徴です。

 

カロリーは150g(お茶碗一杯)あたり白米では約200kcalのところ、「もち麦」は約146kcalとヘルシーです。

また、1日に必要とされる食物繊維の目安は17~19gとされていますが、現在の日本人の摂取量は1日平均で14.3g程度。白米では食物繊維は100gあたり0.5gですが、もち麦はその25倍の12g以上も含んでいますので、普段の白米に少しプラスするだけでも食物繊維を増やすことができます。

1日の食物繊維を補うのにも最適な食品ですが、近年そのダイエット効果が見直されてきています。

また、もち麦に含まれている食物繊維は「β-グルカン(ベータグルカン)」と呼ばれる食物繊維で、ダイエット効果が期待出来る成分です。腸内の余分なコレステロールを吸着し体外へと排出する効果があるため、通常の食物繊維よりも高いダイエット効果があります。大麦β-グルカンは悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化を予防する効果があることも知られています。

 

大麦類はダイエットにも健康にもどちらにも優れた、スーパーフードと言えるでしょう。

 

もち麦の種類について

現在国内に流通している色の白いもち麦は、ほとんどがアメリカなどの海外産になります。色のついているものが国内産ですが、その健康効果自体はどちらも変わらないと言われています。

国内産のもち麦は市場に少ないのですが、海外産に比べ甘みやモチモチとした食感が強いため、国内産の方を好まれる方も多いようです。

 

もち麦の7大効果

  1. 血中コレステロールを下げる
  2. 大腸がんの予防
  3. 糖尿病の予防
  4. 胃腸の調子を整える
  5. メタボ予防、ダイエットに効く
  6. 便秘の改善
  7. 美肌効果が期待される

 

もち麦ダイエットの方法とは

もち麦ダイエットは基本的には置き換えダイエットです。

普段食べている白米にもち麦を加えた「もち麦ご飯」を白米だけのものと置き換えて1日2食以上摂ることでダイエットに効果があると言われています。

  

もち麦ご飯の炊き方は

研いでやや多めの水に浸したお米に、もち麦を加えて炊くだけですが

割合として1合に対して、大さじ1〜3杯(25g〜75g)のもち麦を好みで加え、1時間ほど水に浸かった状態にしてから炊きます。

もち麦は水分の吸収率が高いため、水加減は通常より多めにし、白米7:もち麦3程度の割合で、通常の約1.2倍程度の水加減が目安です。

水分の含有量が多いため、水っぽく味気なく感じる方は炊く前に塩を少量加えて炊くようにすると水っぽさを感じにくくなります。

 

 

はくばく もち麦ごはん50g(12袋)

はくばく もち麦ごはん50g(12袋)

 

 

もち麦ご飯の感想、評判、口コミは? 

私がもち麦ご飯を試した感想は

「意外と美味しい!」

普通のご飯の中に、プチプチした感じの食感がプラスされて雑穀米とも少し違ったモチモチしたところもあります。いわゆる麦ご飯とそんなに変わらないかも。麦ごはんよりもモチモチプチプチと、むしろ食べやすい感じというか牛タンとトロロが欲しくなる感じです(笑)

 もち麦も種類があるようなので、それぞれで多少違いはあるかも知れませんが特に独特の香りがあるとか、そういうことはなく普通に食べられます。できれば国内産の茶色い種類のもち麦を選ぶと、美味しく栄養価も高くいただけます。

 麦の部分の水っぽさが気になるようであれば、炊き方のところでご説明したようにお塩を少し入れると気になりづらくなりますよ。 

その他の方の口コミを調べて見たところ

見た目はイマイチだけど、食感はモチモチしていて違和感無し。

 インシュリンダイエットで1ヶ月半ほどで2kg半ほど減りました。

 

など、食感に対しては好意的な印象が多く、続けることで効果が出ているようです。

2つ目の2kg半痩せたという口コミの方は「もち麦」はもちろんですが、血糖値の上昇を抑える「低GI食」を中心としたインシュリンダイエットの一環としてもち麦食を行っているため効果が現れていると思います。やはりダイエットには食事全体を気をつけるのが良さそうですね。

 

もち麦ダイエットの効果がない時に確認したいポイント

もち麦ダイエットは、普段の食事に無理なく行える健康効果の高いダイエットです。

長く続けられる方法ですが、逆に言えば突然大きな効果は得られにくいダイエットであるということも言えます。

もち麦を食べ始めたらからいきなり5kg痩せたというようなことは、まずありません。

毎日の摂取カロリーを減らし、食物繊維やβ-グルカンの効果で血糖値の上昇を抑え太りにくい身体を作ることが中心となります。

高いダイエット効果を望む場合は、もち麦ご飯だけで行うのは難しいでしょう。

 

また、もち麦を食べ始めて太ったという口コミもありました。

この場合、もち麦の摂り方に問題がある可能性が高いです。

その問題とは食べるスピード

普段のご飯に比べ「もち麦ご飯」では噛む回数が増えるのが普通ですが、噛む回数が普段と変わらず、食べるスピードが白米の時と変わらない人は要注意です。

もち麦をあまり噛まずに食べてしまうとダイエット効果はほとんどありません。むしろ太る結果になるのです。これは食べるスピードが早いのに、血糖値の上昇が遅くなるため普段よりも食事に満足感が得られないことが原因です。満腹中枢が働くのが遅くなることで余計に食べてしまうという悪循環です。

もち麦を食べ始めたら、自分の満腹中枢の働きも遅くなることを理解して、腹7分目、腹6分目を意識して食べる量を減らすことを意識しましょう。

 

ダイエットを成功させるためには

もっとも重要なのは先ほどお伝えした通り、自分の満腹中枢の働きが遅くなることを理解して食べる量を意識することです。おかずにも配慮して摂取カロリーを減らすことでダイエット効果は高まります。

ただ、やはり突然痩せるというものではありません。緩やかに体重を減少させる効果を持続させていくイメージになりますので、じっくり長く続けることを考え、すぐに効果は望まない方が良いでしょう。もち麦はβ-グルカンも多く健康に配慮しながらダイエットできるので、時間をかけてもメリットはあります。

 

もし、もう少し早く痩せたい、ダイエットしたいという方には、理論的に言えば、もち麦だけのような食物繊維の多い成分を食事の前に食べてしまうことがダイエットには効果が高いと言えます。

特に水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維のバランスを考え、もち麦と同様にβ-グルカンを含む「えん麦(オーツ麦)」のふすま(ブラン)を併用すると、健康効果を維持したままダイエット効果が高まると考えられます。摂取カロリーの減少を強力にサポートするため、少し頑張って痩せたいという方は効果的な食材です。

なぜ摂取カロリーが減らせるかと言うと、もち麦などの大麦の胚乳部分には糖質も含まれるため、そのまま食べる場合カロリー自体が大きく減るわけでなく、あくまで吸収率を減らしているだけなのです。またもち麦ご飯は食事と一緒に摂取するため、その効果は限定的で、できれば食事前に多めに食物繊維を摂っておくことで高いダイエット効果が望めます。

そこでえん麦です。えん麦は外皮である“ふすま(ブラン)”部分にβーグルカンが集中しているため、このブランの部分だけを抽出した食材を食事前に摂取すれば余分に糖質を摂ることなく、効率的に栄養成分とダイエット成分を摂ることができるのです。

この食物繊維は水分と結びつくと胃の中に長く残り続けるため、もち麦を食べた時の食事の満足感が少ないデメリットをサポートし、食事の前に摂取しておくことでカロリーの吸収も抑える効果が高くなります。 

代表的な食材としては下記のリンク先のようなもので、えん麦のブランから抽出した成分を凝縮したダイエット食材です。

β-グルカン1000mg含有。食べたい料理に混ぜるだけの「えん麦のちから」 

他にも市販のオーツ麦のブランなどありますので、食事の直前にこう言ったβ-グルカンの多い食材を食べておき、カロリーの吸収を抑え、お腹の中で膨らませておくことで一度の食事量を減らすことが期待できます。ただこう言ったブラン系の食材は味もいろいろあり、味付けするとカロリーが増えることもあるので注意しながら、いろいろな食材を試してみるのも良いでしょう。
頑張って早く痩せたいという方は、試してみても損はないと思います。

 

 

 

まとめ 

もち麦は普段の生活に取り入れやすいダイエットですが、摂取カロリーに注意しないと逆に太ってしまう結果となります。満腹中枢の働きにはある程度の時間がかかることを意識してゆっくり食事するように気をつけましょう。

またダイエットは美容や健康と併用してこそ意味があります。

全体の健康バランスに注意して、無理のない範囲で行いましょう。

みなさんのダイエットのお手伝いになれますように。

 

<PR>

6種類のスーパーフードをひとつに配合。 ダイエットしながら美容と健康に役立つ”美活サプリ”が今お得!

 NATURAL★MIX

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

他にもこんな記事を書いていますので、よろしければお読みください。

 

 

life-recipe.ua188.com

 

 

 

 

life-recipe.ua188.com

 

 

life-recipe.ua188.com

 

 

life-recipe.ua188.com