読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life-Recipe

毎日の暮らしを便利に、健康に。


【ヘルシーレシピ】変色バナナを使った本格レアチーズケーキのレシピ!

ヘルシーレシピ 楽チン技 料理 レシピ スイーツ

6/16放送の「あのニュースで得する人損する人」では得ワザを使った絶品スイーツのテクニックとして色の変わったバナナを使ったヘルシーなレアチーズケーキの作り方を教えてくれました。

今日は、坂上忍さんも絶賛の変色バナナを使った本格レアチーズケーキのレシピをご紹介します。

 

f:id:miyabiryuryu:20160618185529j:plain

(画像はイメージです)

 

「砂糖もゼラチンも必要なし!変色し始めたバナナを使えばレアチーズケーキは作れる!」

レアチーズケーキと言えばしっとりなめらかな食感が魅力です。その食感を生み出しているのは砂糖とゼラチン。しかし、黒く変色したバナナを使えば 砂糖もゼラチンも使わずにレアチーズケーキが作れるんです!

砂糖を使わず、バナナだけでできるヘルシーなレアチーズケーキのレシピは以下になります。

 

【バナナレアチーズケーキのレシピ】

<材料>

  • 変色したバナナ 1本
  • 牛乳 100ml
  • クリームチーズ 100g
  • 絞ったレモン汁 大さじ1
  • ミント 少々

<作り方>

① バナナの皮をむきます。

 

② 皮をむいたバナナを耐熱ボウルに入れ、500Wの電子レンジで2分30秒加熱します。

 

③ 加熱したことで完全に溶けて形が崩れたバナナをミキサーに入れ、そこへ牛乳100ml、クリームチーズ100g、絞ったレモン汁を大さじ1加えたらミキサーに30秒程度かけ混ぜ合わせます。

 

④ 容器に移し替え、冷蔵庫で2時間冷やしたら完成!


バナナをレンジで加熱するなんて、想像もしなかった作り方ですね!

 

http://www.ntv.co.jp/tokuson/oa/images/20160616/pict33.jpg

(出典)放送内容|あのニュースで得する人損する人|日本テレビ

 

 

バナナでレアチーズケーキが作れる理由


専門家の方によると、バナナにはもともとペクチンと呼ばれる食物繊維の一種が含まれています。

ペクチンはカルシウムに触れると結合しゼリー状に固まる性質があるため、牛乳やチーズに含まれるカルシウムと結合して固まるのだそうです。

 

また、バナナは熟度が進むとペクチンが増えるそうです。

ゼラチンを使わずに固めるには大量のペクチンが必要になります。
黒い斑点が全体に広がるくらいに変色し始めた時、ペクチンの量がもっとも多くなるとのこと。

さらに、電子レンジでバナナを温めることで細胞が柔らかくなり、より多くのペクチンが溶けだすのだそうです。

だから変色し始めたバナナを使うと、しっとりなめらかな仕上がりになるのです。


また、バナナには“ショ糖”と呼ばれる糖分があるため砂糖を使わずヘルシーなレアチーズケーキが作れるのです。

 

まとめ

砂糖も使わず、食べるのをためらう黒くなったバナナでこんなヘルシースイーツが作れるなんて、驚きでした。

変色したバナナがあったら、ぜひ試してみたいレシピです。

 

 

容器に入れる時に下に砕いたクッキーやビスケットを入れても良さそう。

フルーツと合わせても良し、ストロベリージャムやブルーベリージャムをかけても良し、いろいろアレンジしてみるのも面白そうですね!

みなさんもバナナレアチーズケーキを、いろいろアレンジして楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

(8/24追記)

実際に作ってみました! 下記の記事をご覧ください!

 

life-recipe.ua188.com

 

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

他にもこんな記事を書いていますので、よろしければお読みください。

 

 

life-recipe.ua188.com

 

life-recipe.ua188.com

 

life-recipe.ua188.com

 

 

life-recipe.ua188.com

 

 

life-recipe.ua188.com